岩出玲亜について

恋愛、それは、さびしい人間がひとりぼっちの孤独感を解消しようとする気持ちであり、ということは愛、それこそが実際の生活の中で、これまで以上に幸福に暮らしていくためのたったひとつの技術なのである。

よく使われた『合コン』だとか『飲み会』と呼ばれる言葉での誘い方はもう使い古されて、かっこ悪い。

口説き落としたい女性を本当に誘いたいなら『お食事会』『イベント』のような言葉を口実にすれば、相手も応えやすい。

なかなか恋愛できないのは、自分自身の評価が高すぎるはっきりとした証拠。

自分の価値を高く考えすぎていると恋に巡り合うために越えなければならないハードルを高くしてしまう。

自己評価がうまくできている人は、越えなければならない恋愛のハードルを越えやすくすることにつながっているという結果。

あなたと相手の会話をしながら、お付き合いしたい相手が、目を真正面から見つめた上で、瞬きをすることが普段に比べて少ないようなら、あなたのことを知りたいと思われているという見込みが濃いと言っても過言ではありません。

恋\xA1
をしているときにはどんな人でも落ち着いて考える思慮分別というものができない場合が多い。

つまり実は、思慮分別なんが正しくきいている人たちは作り物ではない恋をしていない心だというサインなのである。



いよはいいものだよ