今井達也について

多くの人は恋愛のとらえ方を「自分が愛する」という立場や、「パートナーを愛する能力のこと」ではなく、「パートナーから愛される」というケースとして把握していて当たり前。

「次の機会にどこか飲みに行きませんか?」と聞いたら、「近いうちに行けるといいね」と尋ねた相手から返事が送られたら、たいがい実現できない。

情熱的な愛を失敗しないよう何とかして告白しようとか、あなたの熱い女性への想いを言葉だけで理解してもらおうなんて、緊張する必要はない。

自分の全身が本当の愛の告白ということ。

魅力的に微笑みを向けることで、相手をモノにしたいという気持ちを控えめに知らせることになる。

口説き落したい相手にもその気持ちを告げることになり、自分のことが気にさせる。

終わった過去の想い出があなたを縛り付けるなら、捨てきれない小さなものも恋人との想い出を思い出させるようなものは捨ててみて。

できないなら売ってみて。

これは重要な鉄則!

あさの【レビュー】社畜を「7」か「8」で割ってみる