について

デートの際、別れるときはあまり引っ張らずに、気持ちの高まっているクライマックスで進んで帰ることになれば、今度も誘われたらもう一回一緒に行きたいなという気持ちにさせることができます。

結ばれようと結ばれまいと、相手を愛することができるのが恋。

別れはそのうちくるのかもしれないけど、わかっていてもその相手を愛する。

その気持ちが偽りのない愛情なんです。

近づきたい人につぎ込んだり(金銭的だけでなく、心や、時間)したらしただけ、男はそうして投資した相手を好きになる場合が少なくない。

好きになる、というよりも否が応でも好きになるしかなくなるのである。

どうやって“女性らしい魅力”(優しさ、癒し、包容力)を近づきたい男性に伝えられるか必須であり、それだけでも十分なのだ。

男性にとって魅力的に感じさせようとする姿を見て男はほれてしまう。

女の人は身体的な特徴へのあれこれと褒め言葉は希望しているものではありません。

そういうことよりも、気づきにくい変化、手を入れていることをうまく\xA1
笑顔で迎えられると女性は認められた気持になるのはあたりまえ。



あねは続かない?